最速ホームランドリル開発秘話

【最速ホームランドリル開発秘話】
人間の体の仕組みはみんな共通です
よってバッティングの理想的で基本的な動作はみんな共通しています

注意)イチロータイプ・松井タイプ、ハイボールヒッターやローボールヒッターなどの枝分かれはこの基本ができていることが前提と考えます
(基本動作ができていないのにその指導者の得意とする型にはめるようなバッティングフォームを教えてしまうので合う合わないといった問題が発生してしまいます)

体のパーツごとに基本となる23の動作をドリル形式でまとめることにより
誰がやっても簡単に基本をマスターできるようなドリルに仕上げました

・体の部分で一番器用な作業ができるのは手です。
まず手の基本動作をしっかりマスターすることでバットにボールを当てられるようになります
※ただしバッティングで一番大切な部分は目です^^目を閉じていては絶対に打てません(笑)
(8-1 目の重要性のドリルで出てきます)

・当てられるようになれば次はパワーを生み出す
体のひねりの動作をマスターしていきます
体の一番大きな筋肉である体幹部分の腹筋や背筋のひねり
下半身の太ももなどの筋肉の使い方をマスターしていきます
ここまで来ると大幅な飛距離アップが体感できるでしょう^^

・そして一番指導が難しいヘッドを加速させるための動作もわかりやすくまとめています
(よく、壁を作れとか言われる部分です)
ドリルの中ではブレーキという表現で解説しています
これがマスターできればヘッドがさらに加速してひねりで生み出されたパワーとプラスして
打った本人が驚くほどの飛距離が出ているでしょう^^

打てるようになれば本人の意識も変わってきます!
進んで素振りするようになったりします!

そうなんです、打てるようになれば楽しいんです^^
楽しいから、また打ちたいから勝手に練習する、成功のスパイラルに入っていくのです^^

チームのためにとゴロ打ちを強要されて面白くない野球をやらされている選手は
中学や高校ではほとんど野球をやめてしまいます(だって面白くないから)

プロ野球選手になりたいっていう夢を叶えるためのバッティングの基礎を
ぜひこのドリルで学ばせてやってください!
バッターとしてのスタートラインに立たせてやってください!

最速ホームランドリルを見る←←クリック
熱くなって前置きが長くなりましたがドリルをご覧ください^^

 

===========================

最速ホームランドリル

よくある質問 Q&A

===========================

メールなどでお問い合わせいただいた内容をシェアさせていただきます

Q1.だれでもまねするだけでできるようになるとありますが、小学校低学年でもできますか?

A,はい、難しいことは一切考えずに動画の選手のまねを繰り返しするだけで基本動作が身に付きます。

幼稚園ぐらいのお子様や日本語がわからない外国の方でも動画を見ることが出来る人ならできるようになります。

 

Q2.ソフトボール選手でも有効ですか?

A,はい、バッティングの基礎となる部分は軟式、硬式、ソフトボールすべて同じです。

バックスピンをかけると軟球は前に飛ばないという極端な方もいらっしゃいましたがそれはボールのどの部分にバットを入れていくかという問題ですので基本的なバッティングフォームは同じと思っていただいてけっこうです。

 

Q3.野球経験のない母親でもわかりますか?

A,はい、だれにでもわかりやすくというコンセプトを第一に作っておりますので野球経験の有無は関係ありません。

むしろ変な先入観がないぶん取り組みやすいかもしれないです。

そして1つ1つの動作を分割して作成しているため、チェックポイント自体がわかりやすく、コーチングの勉強にもなります。

ぜひお子さんの専属コーチになってあげてください。

 

Q4.このドリルを作ったのは動画に出ている選手ですか?

A,いいえ、動画の選手はボランティアのモデルです。

実際の作成者はバッティングスクールのスタッフです(数百人の選手の指導にたずさわってきたコーチングのスペシャリストです)

これまで実際に結果が出ている指導実績をもとに作られたドリルで、今までになかった切り口での指導法となります。

 

Q5.ネクフルの会員でないと見れませんか?

A,はい、ネクフルという動画販売サイトにてアップしておりますので、恐れ入りますが会員登録をお願いします(登録はとても簡単です、スマホでも登録してご覧いただけます)

 

Q6.バッティング以外のドリルのリリース予定はありますか?

A,はい、守備、ピッチングもコーチングのノウハウがございます。(時期はまだ未定です)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »